tricot - DeDeDe


京都出身、東京から世界へ、このフィメール・マスロック・トリオはサードLP『3』をTopshelf Records(US) とBig Scary Monsters(UK)からリリースします。

彼らを通して、すごいミュージシャンを数多く知ることができます。まず1つ、Tricotは素敵な女性ミュージシャンのプレイリストを作りました。2つ目には、4月9日にtricotは「After Hours music festival」に出演しました。Envy, Mono そしてDownyがキュレーションしています。このフェスティバルのラインナップは日本の有名なalternative / post-rockのミュージシャンほとんど全てを含みます。

ファーストシングル"DeDeDe" はすばらしいです。人間関係における混乱、戸惑いを歌う。めまぐるしいギターは、夜に思い出してためらうこと。「あの時、どうすればよかっただろう?」。私たちは時々、何度も何度も後悔します。私たちはみんな「歩く災厄」。実際に、曲の最後で彼女は「全部私のせい」と告白しています。

Popular Posts