ウィリアム・サローヤン - PAPA, You're Crazy

悲しみのなかで全てが赦されている。そんな気がしました。


ウィリアム・サローヤンの『PAPA, You're Crazy』は世界について対話する親子の物語です。繰り返しの多い、平易な英語で書かれています。

両親はどうやら別居していて、息子はお父さんと暮らしたい。お父さんは貧乏な作家で、料理の本を書いています。食べることに加えて、笑い、喜びは生きる上でとても大切な調味料。ある意味生活の全て。そんなことを親子は話し合っています。

日本語訳は伊丹十三で、ひょっとしたら映画『タンポポ』を作るきっかけになったのかもしれません。